ウェブブランディングイメージ
WEB広告の必要性

現在、企業のプロモーションにおいて、WEB広告は欠かせないものになっています。マスメディア媒体に比べてターゲティングの精度が格段に高く、刈り取りに適したメディアであり、投下した費用に対する効果をきっちり検証できる。WEB上で効率が良い広告アプローチは、「ウェブ運用型広告」です。

WEB広告の広告費は年々増加し、テレビの次に広告投資されている

株式会社電通が2017年に発表した媒体別「日本の広告費」で、インターネットはテレビの次に広告費が投資されています。
また、テレビは前年比99.1%など、他のメディアの広告費が前年に比べて減少している状況の中、インターネットは前年比115.2%と大幅に増加しています。
この前年比は全メディアの中で最も高く、多くの企業が今まで他メディアに使っていた広告費を、インターネットに移行しはじめていると考えられます。
すでに日本の広告費全体の4分の1弱をインターネット広告が占めていることになりました。多くの企業からブランディングとの相性も良いと認知されましたから、今後は刈り取り用の広告だけでなく、ブランド広告も増加していくと予想されます。
●参考グラフ/単位:億円 出典:https://dentsu-ho.com/articles/5843/

ウェブ広告運用グラフ
運用型広告のメリット

ターゲットに効果的にアプローチ

属性、興味関心、オンラインでの行動、エリア、時間帯、掲載場所など様々なターゲティング手法があるため、アプローチしたいターゲットに対して広告配信をすることができます。また、ターゲットごとにクリエイティブを出しわけることもでき、より高い効果が見込めます。

成果型報酬で無駄なコストが生じない

運用型広告は基本的にPPC広告=クリック型課金広告です。ウェブサイトの閲覧者にクリックされることで広告費が発生する方式のため、クリックされない場合は広告費がかからず、無駄なコストが生まれません。
また、目的に応じて、クリック・インプレッション・コンバージョンなど広告費対象となるアクションは変更できます。

リアルタイムで広告の最適化ができる

結果が数値として明確に出るため、数値と他のマーケティング要素を組み合わせて分析し、リアルタイムでより広告効果が出る設定に変えていくことが運用型広告では重要です。その最適化は運用型広告に限らず、例えば、キーワードによる反応の差などをウェブページや他の広告活動に活かすことも可能です。

PAGE TOP